男としてみんなに恥じないような役割を必ず果たしたい!

「昔はあれほど勃っていたのに、今では奥さんとするのも怖いな」なんていう悩みを持つ男性が増加しています。

男性自身が勃たなくなることを勃起不全(ED)と呼びます。

このEDは正式な医学用語で、勃たなくなる男性は世の中でも多く、不自然なことではないのです。治療すれば治る病気ですから恥ずかしいと思うことはありません。

なぜEDになってしまうのか。。。

その代表的な原因の一つは、男性自身をいじめるような生活習慣です。

酒やタバコは体に悪いのは有名ですし、また、男性自身のもよろしくありません。

できるだけ酒とタバコは少しずつ減量の上、やめてしまうのが望ましいです。

また、現代人は運動不足に悩まされています。

この運動不足が血流の流れを悪くし、勃つ力を失わせています。散歩などで体全体を動かし、体力をつけ、血流を良くしていきましょう。

習慣の問題の他に、心理的問題があります。

過去にベットで上手く行かなかった、女性に対して嫌な思い出があるなどの辛い経験です。

この経験が原因となりたたなくなる場合があります。

カウンセリングなどを受け、自分の悩みを克服します。

そして、パートナーによく説明し、信頼関係を作ることです。

テクニックとしては「今日は入れないよ」とパートナーに言うことです。

心理的に楽になり、勃てばそのまますればいいのでお勧めです。

以上に述べたようにEDには色いろいろな原因は潜んでますし、男性は繊細な生きものですから、パートナーと協力しEDを克服しましょう。

勃起力低下は相手にとっても大問題

男性はいつまでもパートナーや、様々な女性と関係を持ちたいと考えているものです。

そして、それを満たすことができれば必然と若若しくいられるものです。

しかし、どんなに気持ちがあっても歳とともに性欲が減退したり、勃起力がなくなってしまうのは仕方のないことです。

年齢とともに訪れる減退であれば、理解もできますが、なかにはまだまだ頑張れるであろう年齢であるにも関わらず、勃起不全に陥ってしまう方も存在します。

これはEDと呼ばれる症状であります。

勃起不全を起こすことで日常生活には支障はなくても、夜の営みの時には大きな障害となって目の前に現れます。

本人にはやる気が大いにあったとしても勃起不全によるために相手を満足させることができない、そこから相手が物足りなさを感じる、一緒にいられない、一人になってしまうといった最悪のケースまで考えられるわけです。

そんな勃起障害を治す薬も存在しています。
ご存じの方も多いとは思いますが、これがバイアグラです。

バイアグラは一時ではありますが、行為の間、勃起力を高めてくれるものであるので、行為の前に飲むことで相手を満足させることができ、お互いに気持ち良くなることができます。

勃起不全はストレスなどで起こりますので、できるだけ心に色んなものを貯めないようにすることです。

治すには知識を頭に叩き込まなければいけません

EDで悩んでいる人はまずEDについて色々と学んでいかなければいけません。

まずは知識をつけてから、自分にあった治療法などを試すといいでしょう。

EDは日本語でいえば、勃起不全という意味になります。

そしてもうひとつの意味が血管内皮障害という病気の意味になります。

だけど、2つ目の意味を知っている人はあんまりいないことでしょう。

EDなってしまう原因は何なのか??一番多いと言われているのがストレスです。

それはストレスとEDには因果関係があるからと言われています。

ストレスには大きくわけて、身体的なストレスと精神的なストレスに分かれています。

身体的なストレスは何かけがなどをしてしまったり、太ってしまったりすることで起きるものです。

精神的ストレスは疲労や不安や恐怖などが大きくなると起きてくるものです。

逆にいえば、このストレスをなくすことができれば、治療などをしなくても直ることが多いのです。

そして、もうひとつ大事になってくるのが男性ホルモンです。

この男性ホルモンが弱くなっていくと、EDにかかりやすくなってしまいます。

男性ホルモンは疲労をためない、十分な栄養をとること、運動をすることで維持することができます。

このように、筋肉をつけたりして男性ホルモンも高めていけば、直ることもありますので試してみましょう。

それでも、上手く勃たないという方はコチラまでアクセスしてみて下さい。